スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAL終了のお知らせ

Notosワールドの模擬erのために始まったNALでしたが、クロスワールド、ワールド統合を経て、
その役目は終わったようですので、今後、大会を開催しないことにしました。

3年間でしたが、ご参加いただいた艦隊の皆様、スポンサーの皆様、ありがとうございました。

NAL運営一同
スポンサーサイト

今後の予定とアンケート結果の反映

【今後の予定】
今後のNAL開催日は
ワールドクロック変動の翌週の土曜日に基本開催する予定です
次回は、4/13(土)の予定です。

【アンケート結果の反映】
第12回NAL参加登録のアンケート結果を反映して、以下のアイテム・船の使用を解禁します。
・ガナドール報酬の人物装備の解禁
・ガナドール報酬の船体を使用した船の解禁
・期間限定メモリアル報酬品の解禁

【鍛錬具の使用について】
皆様も御存じのこととは思いますが
公式ガイドブック等のオマケ要素として、武器職人の鍛錬具、および、防具職人の鍛錬具が
付属している場合があります。
リアルマネーの問題もあり、今後、強化可能上限を、標準の防御力・攻撃力の1.4倍までに規制します。
1.4倍を超えて強化している装備品の使用を禁止します。
レシピで強化可能な装備品(カッツバルゲル、レザーブーツ、愚者の両手など)は、
レシピでの強化上限である100を超えて鍛錬具で強化している場合に使用を禁止します。
(強化値101以上は禁止とする制限です)


規制の対象となる装備品は、今回から新規使用可能になった装備品、
および、今後のアップデートで追加される装備品です。
過去にNALで使用可能であった装備品については現状通り制限無しです。

(例:金色のマレシャルキュイラス・スファジ・ジェネラルマント:ローブ等は制限無しです)

船長の秘伝書の使用について

現在、NAL運営チームでは、船長の秘伝書を使用することで、二連弾防御と通常弾防御の両方を持つ副官が使えるようになり、模擬のバランスが崩れることを懸念しています。

船長の秘伝書を使用した場合に付与できるスキルについて不具合があり、。2013年1月11日のお昼にメンテナンス不具合修正が入る予定となっていますが、現時点では、
暫定的に「船長の秘伝書」を使用して副官に「副官スキル」(弾防御に限らない)を付与することを禁止
とさせていただきます。
補助スキル、言語スキルの付与については、制限しません。
使える弾防御はもともとその副官が覚えていた弾防御に限らせていただきます


すでに「副官スキル」を付与してしまった副官を模擬で使う場合、その付与した「副官スキル」(発動タイプ)
の使用が確認された時点で自己申告の上、撃沈扱いとし自主的にリングアウトしていただくようお願いします。

自己申告がなく、戦闘終了後に付与した副官スキルの使用が確認された場合、その戦闘は反則行為があったものとみなし、5-0で敗戦扱いとします。

弾防御以外の副官スキル(弾強化(発動タイプ)、拘束、妨害等の自動発動タイプ)の付与をどうするかについては検討中です。

期間限定のガナドール報酬品について。

ガナドール報酬品の一連の装備につきましては。

期間限定入手品につき、今回の大会では解禁を見送ることにします。

お試しリーグの開設のご案内

現在NAL運営の中で現状のリーグとは別にもっと気軽に参加しやすいリーグの開設を検討しています!

ルールは


・改良カロネード禁止

のみ
を予定しております

普段大海戦しか参加しないような方でも気軽に参加できるようなリーグを考えており
大海戦と同じような感覚で参加できるリーグを目標としています


御意見ご感想などありましたらコメントにてお願いします

だいりひよこやります

ひよこ代理やります。

ドノロンパン トレノ レンツオ・ロッソ

12日土曜 オポルトより
すいません、開催日時勘違いしていました!!!


N大砲3スロ

ブースト装備無し 650停船

第一回(模擬を楽しむには 装備スキル編)

第二回(摸擬を楽しもう 実戦編)

弟三回(連弾防御の必要性、キャノンに絶対沈められるな)

弟四回(支援を増やす。旗より支援を増やそう)

今回のテーマ
(攻撃編 いかにして抜け以外で撃沈を取るのか)
まとめ的なもの。
     
  • 模擬とは如何に沈まないかを競う競技である。そのためいくつかテンプレートが存在する、最も一般的な例は回避連弾除去を入れるという一連の作業であり、予期しない撃沈による危険を最小限にし、耐久も守る最も防御的な状態のテンプレートである。これはほとんど常識となっており、摸擬初級者が何よりまず最初に言われるのが回避連弾である。

  • その為、多くのプレイヤーに一定期間、回避連弾除去か水平弾道貫通か、どちらかを常時入れっぱなしにするしか選択肢が無い期間が生まれる。これは後述する攻撃的プレイヤーにも当てはまり、連弾をどこで入れるべきなのかそれとも切るべきなのか判断ができず、また、撃沈を恐れる余り何があろうと回避連弾、或いは連弾を入れることによって自身が何をするべきかわからなくなる為、これを無いものとする等、偏ったプレイスタイルに陥る期間がある。

  • 攻撃的なプレイヤーにおいてもこれは同様で、保険的扱いである回避連弾スキルを最悪に備えて常時入れていては撃沈を取ることは不可能に近くなるし、また、攻撃的プレイヤーが得意とする流れでの撃沈を拾うことがほぼ不可能になるためこれをほとんど使用しないといった期間が存在してしまうことになる。

  • これは一重に、攻撃するべき箇所と、そうでない箇所がわからないというのが主な原因となる、攻撃する目標を明確に持っていなければ、例えば無防備な抜けクリが目の前にたまたまあると言った受動的な攻撃状態を除いてしまうと、経験測に基づかない場合、防御的志向の人間は無条件に次の白兵先を探し、攻撃的志向の人間は次の抜けクリが狙える白兵が起きるのを待つことになる。

  • 上記を意図的に行うかそうでないかは置いておいて(これも重要ではあるが)。まず、攻撃するべき対象とはなんであるか自身の中で明確にしておく必要がある。そうでなければ攻撃する必要が無いところで攻撃的になったり、また逆になったりすることで艦隊的に敗北へ近づいていく。

  • 攻撃するべき対象とはなんであるかというともちろん一概に言えるわけでもないが、いくつかのテンプレートは存在する。例えば通常防御はキャノンが積極的に狙うであったり。耐久が最も低い船を狙うなどである。

  • これら全てを網羅して伝えることは出来ないが一つの指針として、艦隊内で何らかの合意が行われていない場合においては、攻撃を行っている敵船を攻撃することがもっとも利にかなっていると言える。偶発でない攻撃を行っているプレイヤーは攻撃にステータスを割り振っていたり、スキルを攻撃よりに割り振っていたり、注意力を攻撃に向けていたりするため撃沈しやすい。(或いは耐久が削りやすい)

  • ディスプレイの解像度の問題や、単なる不注意からクリティカルに予期せず当たってしまう等の要因はあるが、基本的に狙われていると理解した人間は数値上対等な条件であれば防御的な動作を行う、回避スキルを入れ回避行動を取り見方を助けに行く。この防御的行動を取っているプレイヤーから撃沈をとるのは非常に難しい。多くのプレイヤーは2-1程度では致命的なミスを犯さない傾向にあるし。狙われていると自覚している場合はなおさらである。

  • そのため一般的な攻撃目標として推奨されるのは、攻撃的なプレイヤー(もしくは攻撃を行っている最中:例えば抜けクリ待ちをしているプレイヤー)である。防御行動を取らないのであれば撃沈が狙えるし、そうでなくても耐久も削ることが出来る。逆に防御行動を取るのであれば相手艦隊の攻撃力の一時的な減少状態を作り出すことが出来るためである。攻撃的プレイヤーかどうかは主に弾道色、ダメージで判断する、弾道色が赤ければ水平弾道の可能性はかなり高くなる、マックスカロネード5門で360以上が横で出されるなら相手は絶対に貫通まで入れている。等である。弾道色はすぐにわかるのでこれは攻撃的なプレイヤー、そうでないプレイヤーと判断することが出来る。


  • 蛇足となるが、初級者の攻撃的なプレイヤーに求められるのは狙われている時間を自覚することである。狙われていると自覚することで回避運動にも意識が向きまた防御系スキルを入れることにも抵抗が無くなる。狙われている間は無理をせず、それから逃れたと判断すれば回避や連弾を切るといった意識の切替を行うことによって曖昧な状態を回避できる。目安としては、相手プレイヤーがワンクリックで自身に白兵に入る位置では回避連弾、そうでない限りは別スキルと言った具合である(除去については割愛)


  • 勿論これらは全て、初級者向けの話であるし、全てが対等な条件での机上論となる、時間がたつにつれて敗北が確定しているような状況においては全く別の方法をとることもありうるし、技術的な問題も勿論ある。



以上が前回の内容攻撃的なプレイヤーを攻撃すべしという話のまとめである。

抜き打ち検査のやり方



今回実施した抜き打ち検査の内容です。
水平弾道にて被験者が射撃し、検査を行います。

カロネード5門あたり270で検査完了です。

速度上昇アイテムに関して

運営にて検証を行った結果。

速度上昇アイテムは戦闘中無効です。
ですが、今後、同じようなアイテム(1時間だけ貫通+10)
等が売りに出される可能性も考え、NALでは風霊のペンダントは使用禁止にしておきます。

ライザ・バルタザール服に関しては、
作成可能ということでこれを禁止にはしません。

SPスキルに関して

スペシャルスキルはNALでは制限しません。

以上です。

強化砲に関する見解2


以下混ぜ大砲におけるパターンとダメージ分類。
撃ち方 貫通17
的   一等戦列 装甲81 回避20 

名称未設定-1

上記のとおりです。

回避連弾時のダメージは大砲判定に関して有力な論拠となりえません。
しかしながら、回避のみ、あるいは何も無い場合においてのダメージは上限がはっきりとしており、この上限を超えるダメージは出ないようになっています。


数値的に被ることもないので目安としてご使用ください。
端的に申しますとやればばれます。

追記

名称未設定-2

以上が貫通値では同値の1120×4 1520の試射数値です。
この場合、1104×4 1584よりもダメが下がるので、考慮に入れる必要は無いと思われます。
DGSの時にもありましたが、強化砲を使い正規の大砲よりわざと弱いダメージを出すことに関しては手の施しようがありませんが、これは不正をして利益を得るに該当しません。不正をしておきながら正規よりも弱いダメージでは意味がないからです。
尚、今回は貫通値が同じということで検証を行いましたが、全ての大砲の組み合わせの検証は人的リソースの問題もあり行いませんのでご了承ください。

不正大砲の組み合わせで正規大砲と同値のダメージが出た場合にはご報告いただけると助かります。

強化砲についての見解

既にわかっていることも含めて、一通り運営に置きましても検証を行いましたので、一定の目安を設けて起きます。

尚、クリティカルにおいて判別することは不可能ですので。
横ダメージのみとさせて頂きます。


1104×5 貫通 17 装甲81 最大横ダメージ360
ご存知のとおり1104を使用した場合最大横ダメージは360となります。

1104×5 貫通 18 装甲81 最大横ダメージ360
同様に1104を使用した場合最大横ダメージは360となります。貫通17と貫通18で威力は変わりません、不思議ですね。

1104×5 貫通 19 装甲81 最大横ダメージ365
現在の仕様で貫通19を満たそうとする場合、どうしても副官もしくは南蛮筒が必要になります。
どちらも画面で確認できるところが救いですね。




1120×5 貫通 17 装甲81 最大横ダメージ365
当然ながら横ダメージは増えます。

1120×5 貫通 18 装甲81 最大横ダメージ365
当然ながら横ダメージは増えます。

1120×5 貫通 19 装甲81 最大横ダメージ375
当たり前ですがダメージは増えます。

1120×5 貫通 16 装甲81 最大横ダメージ360
こちらは見分けがつきません、しかし貫通16に抑えるメリットがほぼありません。




上記を踏まえて。
違反者の糾弾に必要な要件は二つとなります。
上記ダメージが確認される動画、上記ダメージ動画とシームレスに繋がった装甲値確認動画と相手方の装備及び副官確認動画。
これがある場合NALとしましては違反対象とみなします。対象者の意見を聞き処分を決めます。

簡単に申しますと現状のVERでやればバレます。
一連の検証を動画として作成いたしますので少々お待ちください。

混ぜについて。
混ぜ大砲については非常に複雑であり、疑惑の温床となりえます。
ですのでNALとしましても混ぜ大砲の検証を行いたいと思いますが。
全てのダメージパターンを検証するにはかなりの時間を必要とします。
また、キャノンの最大ダメージがなかなかでないという問題もあり、難航が予想されます。

理論上キャノン1カロ4で回避連弾に1365ダメージは出るということになっています。
実際検証を行うと風上ではそこそこの確率で1365ダメージが出ます。
ですが、横風になると1250程度、悪いと1100台のダメージまでという結果になり。
カロネード5のほうがダメージソースが良いという結論になりました。(私検証)

ですが最大ダメージの問題ではなく命中率の問題であるので、横風で1365が絶対に出ないのかというと、条件付けができないというのが実情です。私は何回撃っても出ませんでした、ですので違反ですとはならないのが難しいところです。
しかし、だからといって例えば水平5弾道5貫通17でKRに1365が出ましたという主張もおかしな話です。

今後、混ぜ大砲を使った強化砲の隠蔽が行われた場合に備えて検証を行ってまいりたいと思います。
各摸擬責任者の方とも連携を取りつつ、検証を重ねてゆきたいと思いますので。

その点につきまして、参加者の皆さまには情報提供のご協力をお願いしたいと思います。

艦隊として秘密にしておきたい水平弾道貫通の組み合わせ、大砲の組み合わせがあるかもしれません、しかし、大変申し訳ありませんが内容の確認を行う場合があります。(決して疑っているという意味ではなく。)その際はご協力をよろしくお願いいたします。

wiki作成のお知らせ

ブログ形式での大会結果・戦績が見づらいとの声を頂き、また管理者も管理がめんどくさいと感じていましたので。
@wikiを作成しました。

こちらのブログは告知や参加登録、アンケート等に使用したいと思います。

こちら→NAL@wiki

プロフィール

NAL運営

Author:NAL運営
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。