スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキル練成等のコメントへの返信

スキル練成等についてもらっていたコメントにまとめて回答します。
なお、今回、名無しのコメントがありましたが、今後は、名無しのコメントには回答しない方針とします。
コメントには、キャラクター名とワールド名を明記してください。

まず、スキル練成についてですが、2013/12/05に「第21回NAL概要」を公開したときから、
スキル練成をしないようお願いしていました。
スキル練成の規制については、模擬のバランスを崩す突撃・銃撃については禁止としましたが、
その他のスキルについて部分的な解禁や、これから順次解放されていくであろう
他のスキルと効果を検討した結果、不確定要素が強い為全面禁止とするのが、
現状のまま模擬が続けられ、参加者の負担が少ないであろうと判断しました。

スキル練成については、アンケートの結果でルールを決定しますが、
仮にアンケートの結果でも禁止となった場合でも、該当のスキルを練成してしまった
キャラクターが大会に出れなくなるわけではありません。
・大会時に使用しない(自動発動スキルを除く)
・スキルブックシェルフに入れておく
・一旦忘却して取得し直す
といった方法があります。

2014-01-05(16:57)の名無しさん
> 運営お疲れ様です
>
> バランスを大きく変える突撃と銃撃の錬成が禁止なのは理解出来ますが、スキル錬成そのものを全面禁止にされた理由が理解できません。
> 可能であればご説明頂けますでしょうか?

納得いただけるかどうかは分かりませんが、全面禁止とした理由は上記の通りです。


> 当方、既に砲術と剣術を錬成してしまっており、ルール改定により今後参加出来ないのであれば致し方ありませんが、それ相応の納得出来る理由が欲しいです。
>
> ワガママなお願いですが、全面禁止の根拠の説明、願わくば今回の決定事項に対し再考をお願いします。

再考については、アンケートを実施します。
アンケート後に全面禁止となった場合でも、今後参加できないわけではありませんので、
上記をご参照の上、ご検討ください。


2014-01-08(00:09)のハンシン・ファンさん
> 一旦解禁していて有効なスキルがあることから、既に砲術などを練成してしまった参加者が多数おり、
> 大会で禁止されると、能登で定期的に行われているMAX模擬はNALルールの1つしかなく、
> 完全にMAX模擬が出来なくなります
> 禁止するなら練成に関わらず、スキル自体を禁止しないと不公平ではないでしょうか?
> スキル練成を全て禁止にするほどならアンケートを取って欲しいです

アンケートは実施しますが、何か勘違いされていませんか。
NALでは、スキル練成の規制が検討中であるため、スキル練成をしないようお願いしていて、
解禁したことはありません。
また、「能登で定期的に行われているMAX模擬」が肉模擬を指しているのでしたら、
すでにNALと統一ルールにはなっていませんし、NALでスキル練成のルールを
決めたとしても肉模擬のルールは肉模擬の主催者が決定されるものだと思います。

> また、能登のみスキル延長アイテムを禁止していますが、
> わざわざ禁止にするほどのものなのでしょうか?

NAL運営の知る限りでは、2013年の年末にZ鯖で開催された「マルちゃんカップ」で
スキル延長アイテムの使用を禁止していたようです。
艦隊の戦術とプレイヤースキルを競う場では不相応だと考え、
また使用しているかも外部から判別可能、かつ、
ユーザが任意にアイテムの使用を中止できますので、使用禁止とします。


> 更に、現状耐久2回成功や耐久と旋回成功の船に乗っている方をよく見かけますが、
> 大量に船を造れるかどうかで基本スペックが全然違うので、
> 耐久成功が単発即死ラインと重なっているのと合わさって不公平感が強いです

何に対して「不公平」と感じられているのか分かりませんが、
「よく見かける」というのは、「NALの大会で見かける」ということでしょうか。
大会中にルール違反の船に乗っている参加者がいた場合は、
その際に連絡いただけると助かります。


2014-01-10(13:47)の名無しさん
> 野良枠として参加しようと思ってるのですが同じ疑問が既に上がっていたので傍観しておりましたが運営様からの返事がないようなので書き込ませていただきます。
>
> 運営の方はここを見ていないのでしょうか?練成とスキル延長アイテムについての今後の考えをお聞かせください。
>
> 運営も大変だとは思いますが現状のような独裁運営ではなく質問に対して真摯に向き合ってもらえたらと思います。よろしくお願いします。

スキル練成とスキル延長アイテムについては、これまでの回答を参照してください。

運営メンバーは仕事を持つ社会人であり、また、参加者と同じDOLの一プレイヤーです。
何でもすぐに対応できるわけではありませんので、ご了承ください。


2014-01-10(19:52)の名無しさん
> 運営お疲れ様です。
>
> 前の方のコメントと内容が重複してしまいますが、前回のNALの時にスキル練成してしまったのですが、もう模擬は諦めた方が良いのでしょうか?
>
> 今後も参加できないようなら今回で課金を最後にしたいと思っていますので早急な対応お願いします。  

アンケート後に全面禁止となった場合でも、今後参加できないわけではありませんので、
上記をご参照の上、ご検討ください。

以上です。
スポンサーサイト

5月5日NAL話会ご報告。

DOL内で意見を聞く場として5月5日(日)も20時から21時まで軍人チャットを使いまして話会を開催いたしました。

軍人チャットでの開催でしたので何人の方の参加をいただいたのかは把握できませんが
ご参加、ありがとうございました。

当日のログを追記にて公開させていただきます。
(一部、発言者に掲載許可とってない人はログから削除してます。)

不都合・不明な点等ございましたらご一報いただければと思います。

未回答の質問に対しては、後日このNAL公式HPで回答予定です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

以下ログ
 ↓↓↓

続きを読む

5月4日NAL話会ご報告。

DOL内で意見を聞く場として5月4日(土)22時より軍人チャットを使いまして話会を開催いたしました。

軍人チャットでの開催でしたので何人の方の参加をいただいたのかは把握できませんが
いろいろなご意見をいただきました。
ありがとうございました。

話し合いの様子について当日のログを追記にて公開させていただきます。
(一部、発言者に掲載許可とってない人はログから削除してます。また、名前の変更要望があったものは書き換えています。)

不都合・不明な点等ございましたらご一報いただければと思います。

また明日5月5日(日)20時より話会開催する予定です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

以下ログ
 ↓↓↓

続きを読む

シップリビルドについて

シップリビルドのG1までの解禁について、NAL公式へのコメントやオンライン上でも
多数ご意見をいただいております。

運営チームがG1解禁を決めた経緯については、追ってNAL公式で説明させせていただきますが、
取り急ぎ、シップリビルドに関するコメントはこちらの記事へのコメントに書き込んでいただきますよう、
ご協力をお願いいたします。

以下は、2013年5月2日の追記です。


2013年5月1日に、リスボンで、現在のNALが参加者の意見を全く聞いていないとの
指摘があり、参加者の意見を聞く場が、ブログ上のコメントだけでは不十分との
指摘もあり、参加者の意見を吸い上げ切れていなかったとの反省から、
以下の日程で、DOL内で意見を聞く場を
設けることにしました。

2013年5月4日(土) 22時から
2013年5月5日(日) 20時から
軍人チャットを使います。


NAL公式HPへのコメントと同様に、その場で質問に
回答することはできません。質問に対する回答は、
基本的に後日となりますのでご了承ください。

シップリビルドに関するご意見は、本記事へのコメントでも構いません。




運営チームがG1解禁を決めた経緯については、以下の通りです。

2013年4月2日のアップデート後、運営チームのメンバーでも、実際に
シップリビルド(以下、SR)を行い、あまりにひどい仕様のため、
G2、G3解禁はあり得ないものとし、G1の解禁について、検討を重ねてきました。

検討にあたっては、
・模擬のバランスが崩れないか
・参加の敷居を上げないか
・参加者が減らないか
・引き続きDGSの使用が判別できるか
などを検討してきました。

運営チームの中でも、G1解禁について、意見が分かれていましたが、
4月21日のNEF2013での発表がある前は、「解禁するとしてもG1だが、
当面解禁は延期」としていました。

4月23日のメンテナンスで調整が入り、グレードが上げやすくなったことを受け、
再度検討し、解禁まで1ヶ月半の期間を設けること、KOEIによる仕様変更が
ないことを前提として、G1を解禁することにしました。

G1であれば、参加者の負担はそれほど大きくはなく、
ある程度新要素も楽しめ、DGSの使用も判別できる、というのが、
G1解禁を決めた理由です。

G1のグレードボーナスによる強化やスキルの追加により、戦術の選択肢が
広がることは、能登鯖の模擬にとってプラスになるのではないかと考えています。



以下、2013年5月1日までに「第14回NAL概要」に対していただいたコメントに
回答させていただきます。

バルビエル様

> さて、本題なのですが破壊工作や白兵回避については、アンケートを
> 行って頂いているのに、他鯖が見送っているSR解禁はアンケートを
> 行わずに採用されたのはなぜなのでしょうか?

破壊工作や白兵回避については、アンケートを行って欲しいという要望が
NAL公式に寄せられていたので、アンケートを行いました。
SRについては、アンケートの要望はありませんでしたので、運営チームで
検討した結果をルールに反映することにしました。
過去、船長の秘伝書についても、特にアンケートの実施することなく
部分的に解禁していますので、解禁にアンケートの実施が必須とは考えていません。

> 運営が決めたからと言われればそれまでですが、これまでは出来るだけ
> 同等の船で勝負と言う事でさまざまなレギュレーションができたと
> 認識しておりますが、SR解禁は同等の船での勝負から逸脱する
> 可能性を秘めているものだと認識しているのでアンケートでの採用可否を
> 行って頂きたかったと思っております。
> (強化や継承をする機会と言う意味で同等だと言うことなのでしょうか、
> もしくは結果的に同等の船になるという考えでの採用決定なのでしょうか。)

これまでのレギュレーションは、「同等の船で勝負」という観点で作っている
ものではなく、課金アイテムの使用を排除するという観点で作ったものです。
大成功回数の制限も、あくまで、DGSの使用を禁止するためのものです。
SRは、G1であれば、DGSの使用は判別できると考えています。
また、模擬のバランスが崩れるものでもないと考えています。

> それでなくとも、SRの導入によって休止者が増えてきている中での
> 本決定は、N鯖から他鯖への流出等模擬人口に少なからず影響を
> 与えると思いますがいかかでしょうか。

NALは、能登鯖の模擬の裾野を広げることを目標に掲げており、
合わせて、他鯖への流出は断固阻止したいと思っていますので、
影響については十分検討しています。


KONI様

> 予定とは言え、何故のアンケートもなしのこの度の決定なのでしょうか?
> 我々参加者の反応が見たかっただけなのでしょうか?
> この辺りのお考えをお聞かせ頂きたいです。

前述の通りですが、アンケートを行わなかったのは、要望がなかったからです。
特に問い合わせもなく、参加者は運営が決めるのを待っているものと判断し、
「早く決めて告知することが運営の務め」であると考えています。

> 極論は運営が決めたことでそれが嫌なら参加しなくても結構!
> と言われてしまうと、何も言えませんが、、

嫌なら嫌だと言ってもらえれば、アンケートを実施するなり何なりで
ほかの方の意見と合わせてルールを変えて行きたいと思っています。

> ユーザーイベントとして
> 自分はNALがN鯖で一番楽しみにしているイベントなんです!
> N鯖で模擬をし続けたい。そのためには運営と参加者が同じ方向を
> 見ていることは凄く大事だと思います。

運営チームも、N鯖で模擬をし続けて欲しいと思っています。
今回は、異なる方向を向いている方がいらっしゃった、と受け止めています。


きじばと様

> 【1点目】
> 実用的か?は抜きとして、G1で仮に「耐久力強化」を選んだ場合、
> 容易に耐久MAX、旋回・装甲が従来と比較しかなり高い船が造船できます。
> その場合、現行、DGS仕様抑止ルールである
>
> 旋回中間値+2以上の船の使用禁止&耐久中間値+10以上の船の旋回振り禁止
>
> という縛りが、形骸化してしまうように思います。
>
> この点についてSRでの「耐久力強化」は禁止などの措置は取られないという
> 事でよろしいでしょうか?

現時点で実装されているグレードボーナスによる強化やスキル付与などの
禁止は考えていません。
強化の場合、選んだグレードボーナスによって付与される強化値は固定であるため、
DGS使用は判別可能と判断しています。


> 【2点目】
> 今回、G1までの解禁予定というアナウンスですが、これは近い将来
> G2,G3への段階的な解禁への布石でしょうか?
> 準備期間については、今回のように一定期間設けていただければ対応は
> 可能だと思いますが、仮にG1解禁後にG2,G3解禁となると、強化上限等を
> 睨んだ船の作り直しが都度発生する事も予想されます。

G1までの解禁とした場合、将来的にG3を解禁することになれば、船は作り直しに
なると考えています。
参加者の負担を考え、一度にG3までの解禁も検討しましたが、
グレードが上げやすくなっても、やはりG2、G3は敷居が上がりすぎると思っています。
G2、G3を解禁する場合は、十分な準備期間を設けることになると思っていますが、
G1の解禁後の、G2、G3の解禁について、現時点ではあまり検討できていません。


怪盗キッド様

> 私としては禁止かG3まで解禁の2択だと考えてたので、
> G1迄とした理由について明確な理由があれば説明いただければと思います。

前述の通り、G1ならば、新要素も楽しめ、参加者も減らないと判断したからです。

> G1迄とした場合、将来的にG3まで解禁とすると、
> G1での理想的な強化とG3での理想的な強化が違うことから、
> 造り直しを余儀なくされますし、実質装甲艦改装を付けるだけですので、
> OP2個の船を使っていた人は今までの船を流用できないことや、
> 今後G3までSRする場合、スキル継承が後にくることで、
> 金銭面での負担も余計に増加してしまいますので、
> 将来的に解禁なら最初からG3が良いと思います。

きじばと様への回答をご参照ください。

> また、現状DGSを縛るため耐久大成功の旋回振りは禁止となっていますが、
> 他の数値振りに関しても禁止しなければこれは実質意味を成さなくなります。

不勉強で申し訳ないのですが、具体的にどういう数値振りを禁止しなければ
ならないとお考えなのか、教えていただけませんか?

> 個人的には、参加者がかなり減ってるいる現状で、
> これ以上の細かいルールを作るのは好ましくないと思うので、
> SRについては全面的に開放し、FS強化についても緩和する方向で検討した方が
> 良いと考えます。
> G3まで解禁したとしても模擬のバランスはさほどかわる様には思えません。

今G3まで解禁すると、バランス以前の問題で、参加者が減ると考えています。

> 一部OPスキルについては、SRについて決定したのち検討しなければ
> 答えは出せないように思います。

「一部OPスキル」が破壊工作を指しているのであれば、SRによるスキル継承を
考慮した上でのアンケートにしています。


エリン・ドリスコル様

> まず第一に今までの大会での船の仕様は、新規参入を踏まえて、平均値に
> 近い形だったはずです。その為に大成功船も規制して居たはずです。
>
> 元々の模擬の目的として、プレイヤースキルを競う場としての成り立ち
> だったから、そう言うレギュレーションになっていたのではないのですか?。

現在のレギュレーションが、プレイヤースキルを競う場としての成り立ち
であるというのはその通りですが、大成功船を規制しているのは、
「新規参入を踏まえて」いるのではなく、あくまでDGSの使用の可能性を
ゼロに近づけるためです。

> SRを解禁することによって、船の性能値の管理も難しくなりますし、
> 多様性をもたらすより、敷居があがって唯でさえ減っている模擬人口を、
> さらに減らす結果が待っていることは容易に想像できます。

SRによって船の性能値の管理が難しくなるとは、具体的にはどういうことを
意味しているのか教えていただけませんか?

新要素を楽しむのに、多少の手間は必要と考えています。
その手間を「敷居」と呼ぶのであれば、上がると思います。

G1の船を作るための「手間」は、何もない頃から、ジョイントビルド(JB)、
フリースタイル(FS)と変わり、模擬のメインストリームとなる戦闘艦の
乗船Lvも引き上げられ、新船が追加されるたびに、船を作り直し、
海事上げをしてきた模擬erの皆様が、模擬を辞めるほどのインパクトのある
ものだとは考えていません。

> 装備を含め、今まで規制していたのは、何を目的としたものかもう
> 一度思い出して頂いて、原点に立ち返ったレギュレーションを作って
> 行かなければ、能登鯖の模擬の未来はありませんよ。

装備の規制というのは具体的にはどういったものが対象になるのか詳しく教えていただけませんか?
現在のNALではリアルマネー絡みの装備(例:ナイトサバトン)しか規制しておりません。
ガナドール報酬品は、期間限定入手のアイテムであったため、規制しておりました。
(なお、現在能登鯖ではこの議論が発生した時点から今現在に至るまで再入手不可な状態となっております。)
なぜ期間限定入手のアイテムを規制したかと言いますと巧匠鋼板の時の話になりますが、
当初NAL運営ではこの追加装甲の使用に関しては制限を設けていませんでした。
第8回NALの時に参加者から意見を頂きましてそれからの禁止になりました。
それ以来期間限定入手アイテムは禁止としていましたが、ガナドール関連の装備に関しては、
アンケートを要望され結果解禁ということになっております。
ご理解いただけたでしょうか?

NAL運営は常に能登鯖の模擬の未来を考えてレギュレーションを作っております。
また参加者のアンケートの要請があれば必ずアンケートを実施して、
それまでの慣例を崩してでも参加者の意見を第一としてルールを作成しております。


名無し様
(コメントの内容については、管理者宛てとなっていますので引用せず、回答のみ書きます。)

G3解禁については前述の通り、現時点ではあまり検討できていません。

運営チームは実際模擬をやってるプレイヤーで構成されています。
運営チームが出した結論とは異なる意見のプレイヤーがいたということですので、
反対意見が多いのであれば、考慮しなければいけないと思っています。

運営報告 お試しリーグ思案中(NOWLORDING・・・

現状報告。

NALとは全く別のコンセプトでリーグを設定する予定(開催は3ヶ月間隔が妥当ではないかな。

目的・非模擬参加者の参加者増

現状の問題点。参加者のレベルが高く一方的に負けてしまう→離脱→大会の規模の縮小。



案1.商会縛りを加える、利点・対戦相手の模擬熟練者率が低下するため、勝敗が予想しづらい。欠点・模擬熟練者商会が一掃してしまう。大会のために一時的に商会を作るなど。適度な環境であると参加してつまらないということが無いが、理不尽なメンバーで大会のみのために商会を作られると崩壊する。

案2.大海戦装備での模擬、大海戦と模擬と装備が全く異なるため大海戦は出るが模擬は出ない、同じくその逆がおこりやすい
この点を踏まえて大海戦装備での大会の開催、ただし改良カロネードはもともとパッケ品であり、また大砲というパーツの特性上無ければ話にならないためこれは縛りたい。ガナドール、練炭具は仕様可。
大海戦に出る艦隊でも参加でき、おそらく試合自体も短いものになると思われるので試合自体のお手軽さはある、ただし試合準備には手間がかかる、ただし、機雷除去による耐久戦のような玄人好みのややこしい話を考えずに行えるメリットはあり。

案3 底模擬仕様での大会。お手軽感は随一、名匠大砲などを考慮してルールを詰めないとならない点は辛い。
底模擬大会に出るという点でモチベーションが上がるかという問題。気軽に参加できる点ではこれが最も良いか。

等で思案中。まだなんともいえない状況です。
ご意見などがあればお聞きしたいです。



運営管理団体の増員。

これまで4-5人で運営していましたが、1人抜けるとダメージが大きすぎるので増員メンバー募集しております。
1人2人抜けても問題なく運営が出来る→今月はだれ→もちまわりへ向かうほうが良いのではないかと考えております。

要望に対する回答

Q:賞金額を増やして欲しい!

A:賞金に関しては増やすことは難しいです、申し訳ありません。運営の通常運営資金とごっちゃになるので辛いのもありますし、現状これが限界です。また、特に資金提供者で大金を提供して頂ける方が一部の人に集中しておりまして、特にミッターマイヤー様、フィリーナ・シルフィー様には毎回多額の資金を提供して頂き誠にありがたく思っています。しかし、これ以上の負担をお願いするのは非常に心苦しいところであります。

Q:会場が分かれているので閑散としてて寂しいです。

A:確かにそう思います。戦闘開始時に混乱しそうなので別にしていましたが、運営にとって簡素化していて大会が盛り上がっていないのであれば運営の怠慢だと思います。混乱が起きなければ一緒にしたいです。混乱が起きるならどういったことが考えられるか、どうすればそれを回避できるか。ただ今思案中です、もう少し時間をいただけると幸いです。

Q:大会の開始時間を21時から22時してもらえると助かります。

A:はい、今まで6回開催しましたが、結果12時を割ることをはありませんでした。次の日が休日ということもありますので、まだ余裕があるのではないかと思います。また、毎回ギリギリでの参加が多いのも事実です。次回より22時開催を予定しています。宜しくお願いいたします。

有効なSPについて。

大会も迫っているので簡単に。

船首クリUP 船首が100パーセント成功する 論文提出回数70回

砲撃技術1.2.3 各スキルブースト+1 効果重複 R20の上限突破かどうかは不明 論文提出回数30回ほど

効率修理    修理資材が2割~3割増える。資材が無い場合は発動しない。論文提出回数30回ほど
効率外科    同じような感じだと思う

操船戦術    回避ブーストとは書いていないので効果不明。

論文回数を稼ぐ方法。
色々ありますが。生産系を挟まない軍人の場合。
人身掌握1を研究し酒場娘に貢ぎまくるのがおそらく早いでしょう。

単位を稼ぐ方法。
論文提出を30回こなし、船舶修理技術2を研究、2もしくは3人で協力して鎖弾で舵を打ち一括点検をセットした状態で修理。1回で1800、5万まで2時間弱

大会までにスキルが間に合わないかもしれない方は参考にしてください。
申し訳ありません、秘密にしておくべき情報だったかもしれません、大会前に不均衡な状態を作るのは不本意だったので公開させて頂きます。
私が発見したのではありません、且つ、これを公開した責任はNALではなくキャラ名ドノロンパンが全責任を負います。

また上記には伝聞情報が多く含まれますので、完全な情報はご自分で検証して下さい。

NAL

試用ロゴ
プロフィール

NAL運営

Author:NAL運営
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。